愛用品リストはこちら。

【ARC’TERYX】ノディンジャケットをレビュー。携帯に便利なライトアウター

当ページには広告が含まれています。
ARC'TERYXのノディンジャケット

Amazon タイムセール祭り

Fashion × 夏先取り

6/21(金) 9:00 - 6/24(月) 23:59

「半袖だと肌寒いかな」という微妙な季節、服装選びに悩むことも多いのではないでしょうか。

僕はアークテリクスの『ノディンジャケット』をバッグに忍ばせておくことが多いです。気温差が激しい日、冷房の冷え対策、紫外線対策など、幅広く活躍する機能的なライトアウターです。

サイズ感や気になったことも合わせて紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみて下さい。

【ARC’TERYX】ノディンジャケット|デザインと特徴

ノディンジャケット

カナダ発祥のアウトドアブランド「アークテリクス」。登山などハードなシーンにも対応する高い機能性とシンプルなデザインが好評で、タウンユースでも高い人気を誇っています。

ノディンジャケットはその中でもウインドシェルに分類されます。ウィンドシェルとは、「軽量で防風性に優れたウェア」のこと。

風を凌ぎつつ適度に通気性もあるため、暑すぎず蒸れにくいのが特徴です。生地が薄く携帯性に優れているため、バッグに忍ばせておいてもストレスを感じません。

素材はTyono20

ノディンジャケットの素材感

素材にはナイロン100%の「Tyono20」が使われています。東レが開発したハイテク素材で、撥水性、通気性、防風性、ストレッチ性、耐久性に優れているのが特徴です。

これ以上ないほど薄手の生地ですが、適度に光沢があり安っぽさは感じません。

シンプルなデザイン

ノディンジャケットのポケットに手を入れている
ノディンジャケット背面

購入したカラーはアークテリクス定番のブラック。胸もとにリフレクターロゴがあるだけの至ってシンプルなデザインです。街中でも違和感がなく、あらゆるシーンに馴染んでくれます。シルエットはアウトドアでも動きやすいよう比較的細身。

携帯性に優れたウインドシェルは、アークテリクスの『スコーミッシュフーディ』、パタゴニアの『フーディニジャケット』などが人気ですが、決定的な違いはポケットの有無。ノディンジャケットは両サイドにポケットがあるため、よりタウンユースしやすいのが特徴です。ファスナー付きなので、もちろんアウトドアでも重宝するはず。

ノディンジャケットの袖

袖は半分だけ伸縮性のある造り。マジックテープで止めるようなアウターに比べて、着脱の手間がなく窮屈さも感じません。それでいて風の侵入も防いでくれるフィット感が絶妙です。

ノディンジャケット裾のドローコード

また、裾は両サイドにあるドローコードで絞ることができます。防風性を高めたいアウトドアで重宝することはもちろん、オーバーサイズで裾を絞るような着こなし方をしたい人にも嬉しいはず。

着心地の良さ

ノディンジャケットの着心地

ノディンジャケットは着心地の良さも特徴の一つ。ウインドブレーカーにありがちなシャカシャカ音やスポーティさはほとんど気になりません。

サラサラとした滑らかな肌触りが心地良く、薄手のシャツを羽織っているような感覚。ナイロン100%の生地ですが、ストレッチ性があるため動きやすく、とにかく快適の一言に尽きます。

実はフード付き

ノディンジャケットフード収納部分のファスナー
フード収納部分のファスナー
ノディンジャケットのフード収納時の襟元
フード収納時
ノディンジャケットのフード
フード展開時。アークテリクスの文字がプリントされている

ノディンジャケットはジャケットとフーディの2Way仕様。フードは襟元に収納されています。ファスナーは目立たず、生地が薄いため、厚みもそこまで気になりませんでした。

ノディンジャケットのフードを被った
かぶるとこんな感じ
ノディンジャケットフードのドローコード
フードのドローコード

サイズ感は強風時でも対応できるよう比較的タイトな造り。ドローコードを絞ればさらにフィット感を高められます。タウンユースではフードを使う機会は少ないと思いますが、フーディのデザインが好きな人には嬉しいギミックではないでしょうか。

便利なポケッタブル仕様

ノディンジャケット右ポケット内部のスリット
右ポケット内部のスリットに押し込んでいくと
ノディンジャケットのポケッタブル時
手の平サイズまでコンパクトになる

続いては携帯性について。

ノディンジャケットの右ポケット内部にはさらに小さいポケットが付いています。その内部のポケットにジャケット本体を収納できるポケッタブル仕様です。以前のモデルはファスナー付きでしたが、2023年モデルは伸縮性のあるスリットを被せることで圧縮します。

ノディンジャケットの重さ

Sサイズの重さは130g。コンパクトかつ軽量で、持ち出しにストレスを感じないのは嬉しいですね。カバンの中に忍ばせておけるライトアウターはこの上なく便利です。

デメリットとしてはポケッタブルにした直後はシワが目立つ点。しばらくすればほとんど気にならなくなりますが、携帯時以外は広げておいた方が良さそうです。

安心の撥水性

ノディンジャケットの撥水性

生地には撥水加工が施されているため、多少の雨なら対応できるかと思います。ただしレインジャケットのような防水性はないため、あくまでもその場しのぎ程度と考えた方が良さそうです。

【ARC’TERYX】ノディンジャケット|コーデ・サイズ感

ノディンジャケットコーデ正面1
ノディンジャケットコーデ正面2
ノディンジャケットコーデ背面

身長172センチ、体重60kgでSサイズを着用するとこんな感じ。インナーは「無印の半袖TシャツLサイズ」を着ています。

同ブランドの『アトムLTジャケット』や『ゼータSLジャケット』も同様にSサイズを所有していますが、着丈はやや短め、その上細身なので、タウンユースでゆったりめに着るならMサイズでも良かったかもしれません。

ノディンジャケットの袖の長さ

ただし袖丈はジャストサイズ。身幅や裾丈はMサイズが丁度よく、袖丈はSサイズが丁度良いので、サイズ選びが本当に難しいです。

ノディンジャケットのフード展開時着用
フード展開時はこんな感じ
ノディンジャケットフード展開時の着用背面

展開式のフードは首元のシルエットが好みではないことが多いですが、ノディンジャケットはそこまで違和感を感じませんでした。普段からフーディとして着用するのも全然ありだと思います。

【ARC’TERYX】ノディンジャケット|ここがちょっと残念

ノディンジャケットフード収納部分のコード

大したことではないですが、一点だけ気になったのは「フード収納時に垂れ下がるコード」。ファスナーが目立たない造りなので、コードも隠せる仕様にして欲しかったです。

【ARC’TERYX】ノディンジャケット|レビューまとめ

『ノディンジャケット』は、汎用性と携帯性の高さがタウンユースで特に重宝すると感じました。春秋のアウターとして活躍することはもちろん、気温差があるような日、冷房が効いた場所に長時間いるような日は常時バッグに忍ばせています。

これ一枚あればあらゆるシーンで活躍するので、服の数を減らしたいミニマリストにも最適ではないでしょうか。万能なライトアウターを探している方はぜひ試してみて下さい。

Amazon タイムセール祭り

Fashion × 夏先取り

6/21(金) 9:00 - 6/24(月) 23:59

ARC'TERYXのノディンジャケット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!