愛用品リストはこちら。

【ARC’TERYX】グランヴィル16 ジップをレビュー。ミニマルで機能的な防水バックパック

当ページには広告が含まれています。
アークテリクスのグランヴィル16ジップ

ミニマル×高機能』。そんなバックパックを求める人も多いのではないでしょうか。

僕はアークテリクスの『グランヴィル16 ジップ』を愛用しています。ミニマルなデザイン、シンプルな収納、丈夫で防水性の高い素材が特徴のバックパックです。通勤や通学、タウンユースはもちろんアウトドアや旅行でも活躍する汎用性の高さを備えています。

以前メルカリでコピー商品を手にしてしまったこともあるので、コピー商品との見分け方やコーデなども合わせてレビューしていきます。

▽紹介しているモデルは廃盤になってしまいました。リンクは後継種になります。

目次

【ARC’TERYX】グランヴィル16 ジップ|デザインと特徴

グランヴィル16ジップ
メーカーアークテリクス
商品名グランヴィル16 ジップ
カラーブラック
容量16L
サイズ高さ:48cm、幅:28cm、奥行:20cm
重さ760g
スペック表

カナダのアウトドアブランドを代表する「アークテリクス」。ロゴは始祖鳥であるアーキオプテリクスの化石がデザインになっています。防水性の高いシェルジャケットや機能的なバックパックを数多く販売。日常でも使えるスタイリッシュなデザインが人気のブランドです。

今回ご紹介するグランヴィルは日常使いを想定してつくられたバックパック。防水性が高く、マンティス16など他のモデルと比べてもスッキリしたデザインだと思います。

十分な収納力

グランヴィル16ジップの収納

収納は大きく分けて3箇所。収納力も十分なので、僕は旅行でもこれ一つで事足りています。

グランヴィル16ジップのフロントポケット
トップポケット

バックパック上部には小さめなトップポケット。中には鍵などを留めておけるコードがついています。500mlのペットボトルを収納しても少し余裕があるサイズですが、重いものを入れるとバックの形が崩れるので、イヤホンやエコバッグなどの軽い小物を収納しています。

グランヴィル16ジップのサイドポケット
サイドポケット
グランヴィル16ジップのサイドポケット使用時

バックの上から下までいっぱいに収納できる大容量のサイドポケット。左側のショルダーストラップを外せばバッグを背負ったままアクセスできるため、財布やポーチなど使用頻度の高いものの収納に便利です。

グランヴィル16ジップのメインコンパートメント
メインコンパートメント
メインコンパートメント内の収納
  • PCスリーブ(パッドが付いていて15インチまで収納可能)
  • ストレッチ性のあるメッシュのジッパーポケット
  • タブレットスリーブ

メインコンパートメントのファスナーは大きく開くため、かさばるものでも出し入れがしやすいです。また、PCスリーブは底が地面につかないようになっていて、バックを置いた際に衝撃が伝わりにくいのも嬉しいポイント。メッシュポケットはガジェット周りの収納に最適です。

グランヴィル16ジップのメインコンパートメントとサイドポケット

サイドポケットとメインコンパートメントはジッパーでアクセスできる仕様になっています。僕は一度も活用したことはありませんが。

高い防水性

グランヴィル16ジップの生地

生地にはアークテリクス独自のAC²テクノロジーを搭載。防水性・耐久性・撥水性が高く、濡れてもすぐ拭き取れます。

グランヴィル16ジップの止水ファスナー
グランヴィル16ジップの止水テープ

ファスナーは全て止水ファスナーになっていて、生地の内側には止水テープが施されています。実際に災害級の大雨の中使用したことがありますが、バックの中は全く濡れていませんでした。

ショルダーハーネス・チェストストラップ

グランヴィル16ジップのショルダーハーネス
グランヴィル16ジップのチェストストラップ

ショルダーハーネスはクッション性がありしっかりとした作り。長さの調節はワンタッチなのでストレスがありません。チェストストラップは長さと高さの調節が可能で、使わない場合は取り外しも可能です。

バッグが重い時に利用すると、体への負担がかなり軽減されるため重宝しています。

ユーティリティー

グランヴィル16ジップのクリッパ使用時

バッグには持ち手が付いているので、Clipaなどのバッグハンガーを使って吊るしておくのに便利。比較的短く作られているので取り回しが良く、長く垂れ下がることもありません。

グランヴィル16ジップのループ

必要な方は少ないかもしれませんが、自転車に乗るときテールランプを取り付けるのに丁度いいループが搭載されています。正直、これを無くしてさらにミニマルなデザインにして欲しかったところ。

バックボードは取り外さないように

グランヴィル16ジップのバックボード

タブレットスリーブ内側のジッパーの中にはバッグの形状を維持するための板が入っています。取り出すと元に戻すのが困難みたいなのでそのままにしておきましょう。

【ARC’TERYX】グランヴィル16 ジップ|サイズ感・コーデ

グランヴィル16ジップのデザイン

身長172㎝の僕が背負うとこんな感じ。やや丸みを帯びたスタイリッシュなシルエットが特徴的です。シンプルなデザインですが、アークテリクスのロゴがワンポイントアクセントになり、適度にカジュアル感も演出してくれています。

都会的なデザインのため、街で使用していても馴染みやすく、スーツと合わせてもそこまで違和感を感じません。

グランヴィル16ジップの着用画像

シンプルゆえに汎用性が高いので、バックパックはこれ一つで事足りています。

気に入った点

グランヴィル16ジップを着用した人
  • 汎用性が高いシンプルなデザインで、あらゆるシーンに馴染む。
  • 取り回しと収納力のバランスがちょうど良く、日常から旅行までストレスフリーに扱える。
  • 軽くて丈夫。さらに防水性が高いので天候やシーンを選ばず使用できる。

ここがちょっと残念

グランヴィル16ジップの背面

背中に当たる部分が熱を逃しにくい造りのため、夏場に長時間背負っていると暑く感じることもあります。

▼気になる方はメッシュを挟むと快適です。

【ARC’TERYX】グランヴィル16 ジップ|偽物(コピー商品)との違い・見分け方

実は一度メルカリでコピー商品を購入してしまい、半年ほど気づかずに使用していました。正規品と変わらない値段で販売されていて、「並行輸入品の正規品です」と記載がありましたが、残念なことに偽物でした。メルカリやヤフオクなど販売者がはっきりしていない所での購入は控えた方が良さそうです。

コピー商品はすでに処分してしまったため画像はありませんが、比べた時の違いをご紹介します。現在所有しているものはアークテリクス正規代理店のオッシュマンズで購入したものです。買う際の参考や、お持ちの方は比較してみて下さい。

ロゴの違い

グランヴィル16ジップのコピー商品とのロゴの違い
正規品のロゴ

1点目はバッグ正面のロゴ。比べないとまず気付かないと思いますが、赤丸部分の足と足の間隔がコピー商品は広く空いていました。

止水テープの違い

グランヴィル16ジップのコピー商品との止水テープの違い
正規品の止水テープ

2点目は止水テープの造り。正規品はピチッと綺麗に貼られていますが、コピー商品は貼った時の谷がいくつもあり、凸凹していました。

タグの違い

グランヴィル16ジップのコピー商品とのタグの違い
正規品のタグ

3点目はタグの記載。コピー商品は正規品と文字の大きさやレイアウトが全く違いました。また、ポリウレタンの「ポ」が「ボ」と記載されていました。

チェストストラップの違い

グランヴィル16ジップのコピー商品とのチェストストラップの違い
正規品のチェストストラップ

コピー商品はストラップを取り付けるループが不均等で、1番端は取り付けられないようになっていました。また、ショルダーハーネスが正規品に比べて大分薄く、クッション性も少なかったです。

【ARC’TERYX】グランヴィル16 ジップ|レビューまとめ

グランヴィル16ジップを着用した人

あらゆるシーンで活躍してくれる『グランヴィル16 ジップ』。

防水性が高く、悪天候でもカバンの中身が濡れないため、安心して使える頼もしいバックパックです。

シンプルで高機能なバックパックを探している方はぜひ試してみてください。ブラックは人気カラーなのでお早めに。

アークテリクスのグランヴィル16ジップ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次