カバンの中身紹介はこちら。

バッグハンガーならやっぱりこれ!【Clipa】をレビュー。

当ページには広告が含まれています。

公衆トイレや飲食店で、バッグの置き場に困ったことはないでしょうか?

そんな時にはバッグハンガーの『Clipa』が便利です。バッグをかけるのに重宝することはもちろん、ミニマルなデザインが所有欲を満たしてくれます。

バックパックユーザーならお馴染みの商品ですが、まだ手に取ったことがない人に向けてその魅力に付いて触れたいと思います。僕が重宝している意外な使い方についても紹介するので、気になった方は参考にしてみて下さい。

Clipa(クリッパ)|デザインと特徴

Clipaでバックを吊るしている
サイズ (長さx幅x高さ)7.1 x 7.1 x 1 cm
重さ47g
耐荷重15kg
素材金属(コーティングなどはカラーによる)
スペック表

飲食店や公衆トイレなど、バックの置き場がないことも多いですよね。かける場所はないし、床には置きたくない。そんな時に活躍するのが「バッグハンガー」です。今ではバッグハンガーの代名詞にもなった『Clipa』は、ちょっとした段差さえあればバックを吊るせる便利なアイテム

飲食店ではテーブルのふちに、公衆トイレではドアのふちなどにかけることができます。僕も以前、荷物かけがない駅のトイレでClipaに助けられたことがあります。誰だってトイレの床になんて置きたくありませんからね。

耐荷重は15kgと十分。登山などの重装備では厳しいですが、日常使いのバックパックならまず問題なく対応できます。

無駄のないミニマルなデザイン

Clipa

Clipaが優れているのは使い勝手の良さだけではありません。ミニマルで洗練されたデザインが美しく、所有欲を満たしてくれます。僕が選んだカラーは「ツヤなしブラックシルバー」。ややマットな質感が落ち着いた印象を与え、バッグにつけていても主張しすぎません。

Clipaを広げている

滑り止め以外は金属でできているためチープ感は全くなく、手で持ったときもしっかり重さを感じるほど。ハンガーを広げた時の反発力も強めで、自然と開いてしまうようなこともありません。

今やバックパックの必需品

Clipaとバッグの中身

いざというときに役立つ『Clipa』。今ではバックパックユーザーの定番アイテムになるほど高い人気を誇っています。SNSや YouTubeで発信される「カバンの中身紹介」でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

Clipaをバックパックの持ち手につけている

そのデザイン性の高さからバッグの持ち手につけておく人も多く見かけます。僕もその一人で、ハンガーを広げればそのまま吊るせるので便利です。ちなみに自宅で保管している時もClipaで棚にかけています。

何かと便利なClipa

Clipaでマスクを干している

Clipaはバッグを吊るす以外にも役立ちます。僕が多く利用しているのは、宿泊先でマスクを洗濯した時。干す場所に困るものでも、S字フックのように利用できるので汎用性は高く感じます。

Clipa(クリッパ)|レビューまとめ

Clipa

あると便利なバッグハンガー『Clipa』。使い勝手の良さはもちろんですが、そのデザイン性の高さから常時バッグにつけていたくなります。

バッグハンガーを試したことがない人、Clipaを試したことがない人はぜひ一度手に取ってみて下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!