愛用品リストはこちら。

【Allbirds】ウールランナーミズルをレビュー。雨にも強い上品なスニーカー

当ページには広告が含まれています。
Allbirdsのウールランナーミズル

Amazon タイムセール祭り

Fashion × 夏先取り

6/21(金) 9:00 - 6/24(月) 23:59

世界一快適とうたわれるスニーカーブランド、『オールバーズ』。

僕は雨にも強い『ウールランナーミズル』を購入しました。あらゆるシチュエーションで履けるので、靴の数を減らしたいミニマリストにもピッタリです。

数ヶ月使用してみたので、コーデなども合わせてご紹介します。

【Allbirds】ウールランナーミズル|デザインと特徴

ウールランナーミズルを上から見たところ

Allbirds」はアメリカのサンフランシスコで設立されたブランド。自然素材を使ったサステナブルなスニーカーを製造販売し、その履き心地の良さから「世界一快適なスニーカー」と注目されています。アメリカの元大統領やハリウッドスターも愛用するほどで、見た目も上品なプロダクトが特徴的です。

僕が購入したのは、その中でもレインスニーカーに分類される『ウールランナーミズル』。履き心地の良さはもちろんのこと、撥水機能もある万能シューズです。

雨の日でも安心の撥水仕様

ウールランナーミズルの撥水性

アッパーには、「Puddle Guard」という撥水コーティングが施されています。通気性に優れた自然素材由来の撥水コーティングで、「OEKO-TEX®」認証も取得。

水をかけてみましたが、ほとんど流れ落ちてしまうほど撥水性が高かったです。ただし、あくまでも撥水コーティングなのでゴアテックスのような防水性は期待できません。

OEKO-TEX®とは、世界最高水準の安全性、生産にたずさわる人や環境への負荷にも配慮した、人と地球にやさしい繊維製品の証。

▼ゴアテックスシューズはこちらを愛用しています。

メリノウールのアッパー

ウールランナーミズルのアッパー

アッパーの素材は撥水性のあるメリノウール。ウールはZQメリノの基準を満たす高品質なものが使われています。

素材的に夏に履くのは厳しいと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。ウールは温度調節に優れているので、涼しいとまではいきませんが、暑い日でも問題なく履けています。

ウールスニーカーのメリット
  • 温度や湿度の調整に優れている
  • 柔らかい
  • 見た目が上品
  • 臭いがつきにくい
  • 素足でも履ける
  • 洗濯機で洗える

ZQメリノとは、ニュージーランドのメリノウール生産農家が、安定した生産、地球環境の保全、生命の尊重、健康、生活の安心、動物愛護を恒久的に維持していく努力を果たしていることを認証するシステムを経て供給されるメリノウールです。

https://www.goldwin.co.jp/icebreaker/zq-merino/

サトウキビでできたアウトソール

ウールランナーミズルのアウトソール

「SweetFoam」と呼ばれる雨水のみで育てられたサトウキビと天然ゴムで形成されたアウトソール。クッション性が抜群に良く、それでいてCO2削減にも考慮した人にも環境にも優れた造りです。

ヒマシ油を使ったインソール

ウールランナーミズルのインソール

石油に比べてCO2の排出量が少ないヒマシ油で作られたインソール。こちらにもZQメリノが使われていて、クッション性や防臭性、温度や湿度のコントロールに優れています。洗濯機で洗えて衛生的に保てるのも嬉しいですね。

リサイクルポリエステルでできた靴ひも

ウールランナーミズルの靴ひも

オールバーズは靴ひもでさえ妥協しません。リサイクルポリエステル100%でできていて、ペットボトル1本が靴ひも2本に生まれ変わるそうです。

購入したモデルは靴紐に反射剤のような白い柄が入っています。ナチュラルブラックはオールブラックのカラーですが、靴紐に柄があるおかげで重く見えすぎません。

【Allbirds】ウールランナーミズル|コーデ

ウールランナーミズルのデニムコーデ正面
ウールランナーミズルのデニムコーデ背面

細身のデニムと合わせてみました。オールバーズのおかげでコーデ全体がラフになりすぎずいい感じです。

ウールランナーミズルのチノパンコーデ正面
ウールランナーミズルのチノパンコーデ背面

続いてはチノパンとマウンテンパーカーのコーデ。こちらもマウンテンパーカーのカジュアルさを上手く中和してくれています。綺麗めにもカジュアルにも合うのでコーデを選ばないのは嬉しいですね。

【Allbirds】ウールランナーミズル|サイズ感

ウールランナーミズルのサイズ表記タグ

僕はニューバランスのスニーカーだと27㎝がジャストですが、オールバーズも27㎝で丁度よかったです。サイズが1㎝刻みしかないので普段ハーフサイズを履いている方は悩むかもしれません。造りはそれほど大きくないので0.5㎝大きいサイズを選ぶといいと思います。

店頭で試着するのが1番ですが、近くに店舗がない方はオンラインで試してみましょう。オンラインでは屋外で履いていないものに限り30日間は返品無料で対応してくれます。

【Allbirds】ウールランナーミズル|お手入れ方法

ウールランナーミズルを洗濯する時

オールバーズの靴は洗濯機で丸洗いできるのも特徴の一つ。

洗濯する際の注意事項
  • インソールと靴紐は外す
  • 靴、インソール、靴紐を洗濯ネットに入れる
  • できれば中性洗剤を使う
  • お湯は使わず水で洗う
  • 洗濯機のコースは優しく洗う弱回転などを選ぶ
  • 漂白剤と乾燥機はNG
  • 日当たりのいい場所でしっかり乾かす

【Allbirds】ウールランナーミズル|最大の魅力は履き心地

ウールランナーミズルのフィット感

環境面への配慮などをご紹介しましたが、やはり一番の魅力はその「履き心地」。ウールがしなやかに足全体を包み込み、動作に合わせて常にフィットしてくれます。

今までは履き始めに靴擦れやフィット感の少なさを感じることがほとんどでしたが、オールバーズの靴は全くといっていいほどストレスがありません。クッション性が高く長時間歩いても疲れないので、旅行などでも重宝しています。

【Allbirds】ウールランナーミズル|店舗が少なく現物を見るのが難しい

日本ではまだ店舗が少なく現物を見るのが難しいです。2023年12月現在で東京に2店舗と大阪に1店舗の計3店しかありません。ただし、店舗での購入が難しい場合は公式のオンラインストアでも購入可能。オンラインなら送料無料、返品は30日間無料で対応してくれます。

一部の商品を除き、出荷日から30日以内かつ未使用の商品に限り返品・交換可能です。屋外で履いたものは返品できません。

【Allbirds】ウールランナーミズル|かかとの内側に毛玉ができやすい。

デメリットの2点目は「かかとの内側が毛玉になりやすい」こと。まだ数回しか履いていませんが、すでに毛玉ができ始めています。

着脱の際に足と靴が擦れるせいだと思うので、靴紐を緩めたり靴べらを使うことである程度は回避できるはず。レビューの口コミにも同様の指摘が複数あったので、着脱の際は注意が必要です。

【Allbirds】ウールランナーミズル|レビューまとめ

ウールランナーミズル

上品なデザインに快適な履き心地、さらに撥水性も備わった最高のスニーカーでした。今では消耗したくなくて履くのをためらうくらい気に入っています。

他にも通気性のいいモデルなどもラインナップされているので、自分に合ったものがあるかぜひチェックしてみてください。

公式ホームページはこちら。

Amazon タイムセール祭り

Fashion × 夏先取り

6/21(金) 9:00 - 6/24(月) 23:59

Allbirdsのウールランナーミズル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!