極小サイズで携帯できる【モンベル】マイクロタオルをレビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回の記事では携帯性に優れた速乾タオル、モンベルの『マイクロタオル』をご紹介。タオルは使う機会が少ない人でも、もしもの時用に一つ携帯しておくと心強い。そんな時に重宝するのが極小サイズで持ち運べるマイクロタオルだ。僕はその携帯性の高さから常時ポーチに忍ばせている。

以前エアライトタオルを紹介したが、それと比べても圧倒的に小さい。とにかくコンパクトなタオルを探している人には最適なアイテムなので、ぜひ参考にしてみてほしい。

エアライトタオルのレビュー記事はこちらから。

【mont-bell】マイクロタオル

マイクロタオルのサイズ感
素材0.08デニール・マイクロファイバー
(ポリエステル50%+ナイロン50%)
サイズ(cm)ハンド:25×25
フェイス:35×80
スポーツ:45×125
収納サイズ(cm)ハンド:2.1×2.1×6.5
フェイス:3.5×3.5×10
スポーツ:5×5×8
カラー展開ブルー(BL)、イエロー(PLYL)
重さハンド:7g
フェイス:29g
スポーツ:57g
スペック

マイクロタオルはサイズ別に3種ラインナップされている。僕が愛用しているのはハンドサイズで、広げると一般的なハンカチくらいのサイズ感。

日常使いなら最小のハンドサイズ、スポーツやアウトドアなら首に巻けるフェイスサイズ、全身を拭くならスポーツサイズが便利だ。

素材はポリエステルとナイロンで構成されるマイクロファイバー。速乾性が高く丈夫な造りはさすがアウトドアブランド。強めに絞っても破れる気配は全くない。

抜群の携帯性

マイクロタオルをつまんでいる
マイクロタオルのたたみ方

マイクロタオルはとにかく携帯性に優れているのが特徴的で、ハンドサイズなら親指と同じくらいのサイズ感で携帯できる。収納方法は本体を丸めたら付属のループでくくるだけ。収納袋だと紛失の可能性があるのでこれは嬉しい。

マイクロタオルとナイロンコンパクトポーチ

普段は無印良品の「ナイロンコンパクトポーチ」で携帯している。小さめのポーチだがマイクロタオルなら容量を全く圧迫しない。

吸水性、ふき心地

マイクロタオルの拭きごこち

薄手の生地だが吸水力は十分。水を吸いきっても絞ればまたすぐ拭けるので不便は感じていない。速乾性の高いタオルは肌に対する滑りが悪いものが多いが、こちらは割と滑るので拭きやすい。

速乾性の高さ

マイクロタオルのループ

マイクロタオルは速乾性にも優れている。完全に濡らした状態から手で絞っただけの場合、約1時間で完全に乾いていた。(湿度や気温、風などによる)

ハンガーや物干しがなくても適当なところにくくりつけておけるので、旅先で乾かす場所に困ることは少ない。ただしループは人差し指をギリギリ一周できるくらいなので、太さを選ぶ点は注意が必要。

マイクロタオルをバックパックに付けている
バッグに吊るせば瞬時に使えてそのまま乾かせる。

残念な点

マイクロタオルのカラー

一点だけ不満なのがカラー展開。現状水色と黄色しかラインナップされておらず、日常使いするには少し派手に感じる。個人的にはブラックやグレーなど落ち着いたカラーがあると嬉しかった。

まとめ

mont-bellのマイクロタオル

モンベルの『マイクロタオル』。綿タオルのようなふき心地の良さこそないが、その携帯性や速乾性の高さはアウトドアはもちろん、日常使いでも重宝する。少しでも荷物を少なくしたり、軽くしたい人はぜひ試してみてほしい。