愛用品リストはこちら。

【SEA TO SUMMIT】エアライトタオルをレビュー。軽量コンパクトな速乾タオル

当ページには広告が含まれています。
SEA TO SUMMITのエアライトタオル

コットンのタオルは出先だとどうしてもかさばってしまいますよね。そんな時には化繊のタオルが便利です。

僕は シートゥーサミットの『エアライトタオル』を購入しました。軽量でコンパクト、吸水力や速乾性に優れた機能的なタオルです。実際に数ヶ月使用してみたので、気になったことなども合わせてご紹介します。

こんなタオルを探している人にオススメ
  • 軽くてコンパクト
  • すぐ乾く
  • 旅行やアウトドア、フェスなどで幅広く使える

【SEA TO SUMMIT】エアライトタオル|デザインと特徴

エアライトタオル

購入したのは『エアライトタオル』Sサイズのデザートカラー。

SEA TO SUMMITはエアライトタオル以外にも、ポケットタオルドライライトタオルテックタオルの3種類があり、購入したエアライトタオルは1番コンパクトで軽量のモデル

他の3種類はエアライトタオルと比べて拭き心地はいいですが、その分厚みがあり携帯性が悪くなります。2番目にコンパクトなモデルでも収納時の大きさは倍近くになってしまうため、僕は携帯性を重視しました。

Sサイズの使用感

エアライトタオルSサイズの大きさ
エアライトタオルの生地

無地でシンプルなデザイン、生地の端は切りっぱなしです。Sサイズは丁度フェイスタオルくらいの大きさ。水はけが良いので、拭けきれなかった時も絞りながら何度でも拭くことができます。

エアライトタオルのスタッフサック

また、タオルとは別に収納用のスタッフサックが付属しています。タオルとボタンで連結できるようになっているため、紛失の心配が少ないのは嬉しいですね。

エアライトタオルのボタン
エアライトタオルの干したところ

スタッフサックにはループがついているので、適当な場所に引っ掛けて干すこともできます。腰やバッグに引っ掛けて使用する方はもう少し小さいXXSサイズがオススメです。

多用途に使えるのが便利

エアライトタオルを首に巻いてみた

化繊の機能的なタオルは一枚あればあらゆるシーンで活躍してくれるので、ミニマリスト的にも一押しです。

  • 旅先でコンパクトに携帯し、使用後はすぐ乾かせる。
  • ループを使い腰やバッグにつけておけば、アウトドアで瞬時に使える。
  • 水に濡らして首や頭に巻いておけば、熱中症対策ができる。(機能なのか分かりませんが、濡らすと少しひんやり感じます)

【SEA TO SUMMIT】エアライトタオル|重さと携帯性

エアライトタオルの携帯性
エアライトタオルの重さ

なんと言ってもタマゴ大に収納できる携帯性が気に入っています。重さも実測36gと軽量なため、毎日バッグに入れておいても気にならないほど。収納時は付属のスタッフサックにくしゃくしゃと詰め込むだけなので楽ちんです。

【SEA TO SUMMIT】エアライトタオル|高い速乾性

以下の条件で乾燥するまでの時間を測ってみました。

  • 完全に濡れた状態から手で絞っただけ。
  • ハンガーは使わず、スタッフサックのループを引っ掛けて干す。
  • 真夏・無風時に影干し

その結果、完全に乾燥するまでにかかった時間は約30分。風があったり、日の当たる場所ならさらに早く乾くはずです。

エアライトタオルの洗濯表示

乾燥機も使用可能なので、コインランドリーで洗濯する際も安心ですね。

気になったこと

収納袋がキツイ

エアライトタオルの収納時

携帯性を上げるための仕様だと思いますが、袋がパンパンになるので少し押し込まないといけません。ですがスタッフサックは薄いながらもしっかりしているので、簡単には破れなさそうです。

拭き心地はイマイチ

綿タオルのようにゴシゴシ拭くような使い方はできません。水を吸うと生地があまり肌を滑らないので、押し当てるように拭く必要があります。初めから承知していましたが、思っていたよりは快適に扱えました。

▼携帯性よりもふきごこちを重視する人にはエアライトタオル以外のモデルがオススメです。

【SEA TO SUMMIT】エアライトタオル|レビューまとめ

エアライトタオル

携帯性や速乾性に優れている『エアライトタオル』。持ち運びもしやすく、旅行からアウトドア、フェスなど様々なシーンで活躍してくれるはずです。

荷物を少なくしたいミニマリストにも最適なので、気になった方はぜひ試してみてください。

SEA TO SUMMITのエアライトタオル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!