愛用品リストはこちら。

【MOFT X】粘着タイプのスマホスタンドをレビュー。MagSafe版よりも優れている点とは?

当ページには広告が含まれています。
MOFT Xを装着したiPhone

最近はスマホと一緒に免許証とクレジットカードだけ携帯することが多くなりました。

愛用しているスマホ用カードケースは『MOFT X』。スマホの背面に取り付ければ、スタンド・カードケース・ホルダーとして3in1で活躍する画期的なアイテムです。

iPhoneがMagSafeを搭載してからは「MOFT Snap-On スマホスタンド」が主流になりましたが、個人的には粘着タイプの「MOFT X」の方が利点が多かったため、あえてこちらを愛用しています。

今回はMagSafe版にはないメリットなども合わせて「MOFT X」の魅力について触れていきたいと思います。

MOFT(モフト)とは

MOFTのロゴ

MOFTとは「MOBILE OFFICE FOR TRAVELERS」の略で、人体工学に基づいたガジェットアクセサリを製造しているブランド。デバイスでの作業を軽快かつ効率的にしてくれる画期的なアイテムは、ガジェット好きなら知らない人はいないほど。

特にiPadやMacBookに貼り付ける折りたたみ式のスタンドは、今や定番のアクセサリーとなりました。便利な機能はさることながら、シンプルでスタイリッシュなデザインが所有欲を満たしてくれるのも魅力的です。

MOFT X スマホスタンド(粘着タイプ)|デザインと特徴

MOFT X
サイズ高さ93、幅64、厚さ4.6 mm
重量25g
素材PU、グラスファイバー、メタルシート、マグネット、マイクロファイバー
互換性4.7インチ以上のスマホ
スペック表

「MOFT X」はクラウドファンディングでも話題になった人気商品。粘着タイプなのでサイズさえ合えばMagSafe非対応のスマホにも装着できます。

Apple製品に使われるイメージが強いですが、他社製のスマホでも取り付け可能なのは嬉しい人も多いはず。

便利な粘着シート

MOFT Xの粘着シート

装着時は粘着シートで貼り付けるだけ。この粘着シートは何度でも貼り直しができ、貼った痕も残らないため、身構えず気楽に使用できるのは嬉しいですね。吸着力も十分で、ちょっとやそっとの力では外れません。

ただし革製や表面に加工が施されてるTPUケースなどは接着できない場合もあるので注意が必要です。また、背面がガラス製のスマホやケースに関しては付属のガラス面用シートを使うことで装着できます。

ミニマルなデザインが心地良い

MOFT Xのデザイン正面から
MOFT Xの薄さ
MOFT Xのスタンド内側のデザイン

MOFTの製品は高いデザイン性も特徴的。ミニマルで無駄のないスッキリとしたデザインは装着時に一体感を与えてくれます。細部までこだわった造りや素材感が心地良く、デバイスへの愛着をより一層高めてくれます。

カードケースとして

MOFT Xのカード収納箇所

スタンドのスリットにはカードを最大で3枚まで収納できます。スキミング防止機能が搭載されているため、セキュリティ面でも安心です。

カードを取り出す際はスタンドを展開する必要がありますが、収納時はカードが完全に隠れるため、ノイズレスな見た目が気に入っています。今のところカードが意図せず落ちてしまったことはありません。

スマホスタンドとして

MOFT Xの縦置きスタンド利用時

スタンドはマグネットで固定されますが、磁力が丁度良く、展開はスムーズ。人体工学に基づいて設計されていて、スマホを縦で見るときにちょうどいい60度に固定、快適な姿勢で操作ができます。

ただし取り付け位置によって角度が変わってしまうため、全てのユーザーが理想の角度で使用するのは難しい気がしました。愛用しているiPhone13miniはそもそも取り付けできるスペースが限られているため、位置を調節することも不可能です。

MOFT Xの横置きスタンド利用時
右下に傾いていてガタつきがある

公式では横向きでの使用も想定されているようですが、僕の取り付け位置では傾いてしまいました。たまに動画を視聴するくらいなら気になりませんが、仕事などの作業で使う場合はストレスに感じると思います。

スマホホルダーとして

MOFT Xのホルダー利用時

意外と便利なのがホルダー機能。元々ホルダーとして使う予定はありませんでしたが、スマホ・スマホケース・カードケース・カード2枚を合わせるとそれなりに重くなり、片手で操作すると小指に負担がかかるため、今では常時活用しています。

MOFT Xのホルダーを利用しない場合
ホルダーを使わないと小指に負担がかかる

マグネットパッドとの併用でさらに便利に

また、オプションにはなりますが、マグパッドを利用すればあらゆる場所にスマホを固定することもできます。お風呂の壁や車の中など、ハンズフリーで使用したい場面では重宝しそうです。手に取りやすい価格で試しやすいのも嬉しいですね。

MOFT X(粘着タイプ)を選んだ訳

MOFT Xを装着したiPhoneとアップルウォッチ、AirPods Pro

現在愛用しているスマホはiPhone13mini。MagSafeに対応しているため、ほとんどの人が「MOFT Snap-On スマホスタンド」を選ぶはず。僕の場合はMagSafe版よりも粘着タイプの方がメリットが大きかったため、あえてこちらを選択しました。

その理由について詳しく見ていきましょう。

圧倒的に軽い

MOFT Xを装着したときの重さ

「MOFT X」を選択した決定的な要因はその軽さ。粘着タイプの「MOFT X」は25g、MagSafe版の「MOFT Snap-On スマホスタンド」は43g。MagSafeで取り付けるだけで倍近い重さになってしまいます。

スマホを常時ポケットに入れている僕にとって重さのデメリットは致命的。せっかく軽量なiPhone13miniを愛用しているのにスタンドが重くては宝の持ち腐れです。

たかが20gちょっとの差だと思うかもしれませんが、スタンドとカードが加わるとそれなりの重さになるのでこの差は大きく感じます。

簡単に外れない

MOFT Xを逆さまにして外れないことを確認している

粘着タイプを選んだ理由2つ目は簡単に外れないため。MagSafe版は磁力で簡単に取り外せる点がメリットですが、免許証やクレジットカードなどの貴重品を収納する場合はむしろデメリットに感じます。

粘着タイプは無理やり外そうとしない限りは外れないため、紛失のリスクを考えるとこちらの方が安心です。

MOFT X|MagSafeを多用している人には向かない

ここまで粘着タイプの「MOFT X」の良さについて記載しましたが、MagSafeを多用している人は注意が必要です。粘着シートは何度でも貼り直せますが、頻繁に取り外すようなものではないため、装着した場合基本的にMagSafeは使えなくなります。

充電環境やカメラの三脚などでMagSafeを多用している人はMagSafe版の「MOFT Snap-On スマホスタンド」を選んだ方が良いでしょう。

MOFT X スマホスタンド(粘着タイプ)|レビューまとめ

MOFT X

iPhoneをより便利にしてくれる『MOFT X』。僕は軽量化と免許証などを持ち運ぶことから粘着タイプを選びましたが、今やなくてはならない必須アクセサリーとなりました。

MagSafe版にはMagSafe版の良さがあるのは間違いありませんが、自分の用途に合わせて粘着タイプも検討してみて下さい。価格も手頃なので、興味がある人はぜひ一度お試しあれ。

今回の記事が少しでも参考になったなら幸いです。それでは快適なiPhoneライフを!

\月額700円で3端末まで保証。/

MOFT Xを装着したiPhone

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!