愛用品リストはこちら。

【CIO】Hot EYEMASK レビュー。繰り返し使える充電式ホットアイマスク。

当ページには広告が含まれています。

Amazon タイムセール

人気商品が日替わりで登場。

PCやスマホの画面を見ている時間はどうしても長くなりがち。そのせいで目の疲れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

私は強度近視ということもあって、人一倍疲れやすいのが悩みでした。

そこで、CIOの充電式ホットアイマスクを試してみることに。

ホットアイマスクで目の周りを温めると血行が改善し、緊張した筋肉がほぐれたり蓄積した疲労物質が流れるなどの効果が期待できるようです。

実際に数ヶ月使ってみたので、気になった点など詳しくレビューしていきます。

手軽にアイケアができる便利なアイテムだと思いました。使用後はスッキリして気持ちが良いですし、目の休息を意識できるようになれたのも良かったです。

【CIO】Hot EYEMASK|スペックとデザイン

CIO Hot EYEMASKの同梱物一覧
本体サイズ約248 × 85 × 16mm
入力DC5V USB-C
動作時間約20分
動作温度低:37℃ 中:40℃ 高:45℃
バッテリー容量600mAh
バッテリーサイズ約48 × 30 × 10mm
充電時間約40分
同梱品マスクカバー
ヒーター本体
バッテリー
延長バンド
保湿シート
スペック表

本体はマスクカバー、ヒーター、バッテリーに分解できるため、消耗した場合はパーツごとに交換が可能です。

CIO Hot EYEMASKのファスナー
ファスナーを開閉するとヒーターにアクセスできる。

他社製の充電式ホットアイマスクはテカテカした素材のモノが多く、正直なところあまり好みではありませんでした。その点CIOの『Hot EYEMASK』は不思議とガジェットを思わせるようなデザインが特徴的で、所有欲を満たしてくれます。

CIO Hot EYEMASKの目に当たる側の生地

目に当たる側の生地は肌触りの良いフリースのような素材。装着時の違和感などはなく、不満も特に感じません。

CIO Hot EYEMASKのベルト
CIO Hot EYEMASKのベルト用延長バンド
延長バンド

ベルトの固定にはマジックテープが採用されているためサイズ調節が容易です。頭が大きい人用に延長バンドも付属していますが、ベルト自体の伸縮性が高いためシビアになる必要はないかと。

CIO Hot EYEMASKの保湿シート

マスクカバーとヒーターの間には付属の保湿シートを濡らして挟むことができます。個人的にこの保湿シートはマスト。温もりとフィット感が格段にUPします。

使用後に乾かすのが少し面倒です。

USB充電式で環境とお財布にやさしい

CIO Hot EYEMASKのバッテリー裏側
バッテリーの脱着はマグネット式。
CIO Hot EYEMASKのバッテリーサイズ感
このサイズ感。

専用に開発された小型バッテリーは約20gしかなく、装着時の重さは全く気になりません。

容量は600mAh。満充電でも20分しか動作しないため、使うたびに充電が必要です。充電時間が40分とやや長めなのも残念。

入力端子はタイプCなので、iPhoneなどとケーブルを統一できるのは嬉しいですね。1回の充電コストはわずか0.07円。使い捨てタイプは安いモノでも1枚40円くらいするので、相当な節約になるのでは?

側面のボタンは温度調節と電源オンオフを兼ねており、ボタンを押すごとに「低温→中温→高温→電源オフ」をループします。

使い捨てのように毎回ゴミが出ないのはECOですね。

動作温度は3段階

CIO Hot EYEMASKのインジケーターランプ低温時
低温:37℃
CIO Hot EYEMASKのインジケーターランプ中温時
中温:40℃
CIO Hot EYEMASKのインジケーターランプ高温時
高温:45℃

温度は3段階から選択可能。私はいつも高温で使用しています。一番早く温まりますし、それ以下の温度では少し物足りなかったので。

洗えるマスクカバー|メンテナンス方法について

CIO Hot EYEMASKのヒーターとマスクカバー
ヒーター/マスクカバー

アイマスクはどうしても汚れてしまいがち。『Hot EYEMASK』のマスクカバーは手洗いに対応しているため、衛生的に保つことができます。

汚れや劣化がひどい場合はカバー単体で買い替えも可能です。

【CIO】Hot EYEMASKの効果は?

CIO Hot EYEMASKとMacBook Air

目の周りを温めることで筋肉の緊張がほぐれたり蓄積した疲労物質が流れるなどの効果が期待できるとはいえ、20分の動作時間で実現できているのか。正直なところ、『Hot EYEMASK』に効果があるかは分かりません。

しかし、使用後にスッキリとした感覚があるのは確かです。『Hot EYEMASK』を使うようになってから以前よりも目の疲れが軽減したように思います。

【CIO】Hot EYEMASKの気になった点。

『Hot EYEMASK』を使っていて気になった点についてもご紹介。

充電器の出力に注意が必要

CIO Hot EYEMASKに対応する充電器の出力比較

普段デスクでは100Wの充電器を使用していますが、こちらでは充電できませんでした。20W、45W、65Wの充電器では問題なかったので、出力の高すぎる充電器には対応していないようです。

ファスナーが閉めにくい

ファスナーを全開にするとなかなか閉まりません。毎回引っかかってしまい、壊れてしまったかと思うほど。なので私は端まで開かないようにしています。

眼球が圧迫される

私の骨格の問題だと思いますが、温かみを感じる程度にフィットさせるとどうしても眼球が圧迫されてしまいます。使用後しばらくはピントが合いにくくなるので、使うタイミングを選ぶのが残念です。

▼私には眼球を圧迫しないタイプの方が合っているかもしれません。

【CIO】Hot EYEMASKはこんな方におすすめ。

CIO Hot EYEMASK

CIO『Hot EYEMASK』のレビューをお届けしました。

  • PC作業や動画視聴が多い
  • 目の疲れが気になる
  • 使い捨てホットアイマスクを使っている
  • 質の高いアイマスクを探している

上記に当てはまる方はぜひ試してみてください。手軽にアイケアができる『Hot EYEMASK』をきっと気に入っていただけるはず。

パーツごとに買い替えが可能ですし、長く使えてコスパも良いですよ!

Amazon タイムセール

人気商品が日替わりで登場。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!